購入する業者の決め方

トラック

中古トラックを購入する業者を選ぶ時には、自社で整備ができる業者を選んだ方が安心して使うことができます。中古トラックの台数はそれほど多くないので、気になる中古トラックをネットで見つけておいてから、実車を見に行った方がよいでしょう。

詳しく見る

査定の申し込み方法

重機

中古の重機でも十分に需要がありますから、古くなった重機でも買い取りしてもらえるケースが多いでしょう。重機専門の買取業者にコンタクトを取って、まずは査定から行ってみてください。複数の業者に査定を依頼すると比較しやすくなります。

詳しく見る

買取トラブルを回避

トラック

トラックは買取相場が決まっておらず、状態によって買取額が大きく変動します。下取り、業者買取、一括買取査定のどれかを利用することになるでしょう。個人売買もあり得ます。中間マージンが発生しないので一見魅力的ですが、様々なトラブルが起こる可能性もあります。トラックを売りたいなら、業者を介す方が安全です。

詳しく見る

大型の車の買取

バス

中古バスを買い取ってもらう場合は、専門の業者へ依頼すると良いです。そうすることで、買取の金額も高くなりお得です。実際に買い取ってもらう場合は、前もって故障している箇所や不具合がある部分を直す必要はありません。

詳しく見る

国内外で人気の理由

トラクター

日本では2000年代以降のコンピュータ制御された中古の農機具が安く購入でき、細かな制御ができることで人気になっています。海外では1980年代の古い農機具に人気がありますが、シンプルな構造で故障しにくく修理しやすいことから海外のバイヤーが喜んで買取りをしていきます。

詳しく見る

中古市場の仕組み

トラクター

国内外で需要あり

不要になった農機具は地域の農協に買取ってもらうことはできますが、その価格はかなり安くなってしまいます。農機具には自動車と同じように中古市場があり、農機具を専門で買取している業者もあります。国内では農業従事者の人口は減っていますが、脱サラなどで若い人が農業を始める人が増加しています。そのような人は新品の農機具を買うほどの資金を持ち合わせていないので、中古品を求めます。中古売買業者は買取った農機具のメンテナンスをしてから販売しています。日本の農機具は世界、特にアジア各国で高い人気があります。アジアでは綺麗で新品な必要はなく、とにかく動けばよいという買い方が多くなっています。日本の農機具は丈夫で使い勝手が良いけれど新品だと高いので、中古の農機具に人気があります。中古の農機具を買取っている業者は、海外にも販売ルートを持っています。海外に売却するときにはメンテナンスはあまり行わずに売却しています。日本では中古といっても汚れやサビがある商品は好まれませんが、アジアの新興国では動きさえすれば傷や汚れは気にしない人が多いので、日本の中古売買業者はメンテナンス費用をかけずに売却してしまいます。そして海外のバイヤーはその国に合わせたメンテナンスをしてから、その国の農家に販売しています。動かない農機具であっても、買取はしてもらえます。特に海外で人気のメーカーであれば、パーツとしての需要が高いため高価で買取をしてもらえますので、まず相談してみることをお勧めします。

Copyright© 2018 農具をカンタン処分【専門の買取業者を利用すべし】 All Rights Reserved.