国内外で人気の理由

トラクター

古くても新しくても人気

古い農機具でも高く買取ってくれる理由は、日本の農機具は世界的に高く評価されていて、古いものでも高く買ってもらえるためです。日本で人気になっている中古の農機具は2000年代以降のもので、製造後15年前のものです。2000年代の農機具は新型のように多機能ではありませんが、コンピュータが導入されていて細かな制御をすることができます。品質にこだわりを持っている新しい農家は、新型を購入するほどの資金を持ち合わせていないこともあって中古の農機具を購入する人が多くなっています。一方、海外では1980年代や1990年代の古い農機具の人気が高くなっています。この頃はコンピュータ制御が取り入れていない機種が多く、とてもシンプルな機能しか持っていません。しかし、構造がシンプルなことから故障しにくく修理しやすいことから保守体制が整っていないアジアやアフリカ諸国で人気になっています。しかも、日本の自動車は壊れないと有名ですが、自動車以上に日本の農機具は頑丈にできているので30年以上経ったものでも高い人気を誇っていて、海外の業者は喜んで買取っています。このような理由から新しい農機具でも古い農機具でも販売ルートがあり、パーツの確保を含めると動かないものでも買取ってもらえるのです。日本には農機具を専門で買取をしている業者がいくつもあるので、複数の買取業者に査定をしてもらって、相見積もりをすることによりできるだけ高値での売却を狙って下さい。

Copyright© 2018 農具をカンタン処分【専門の買取業者を利用すべし】 All Rights Reserved.